• 近日発売のアイマスグッズ

    2020/01/08 THE [email protected] CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 35 Palette
    2020/01/22 アイマスミリオンライブ!6thLIVE TOUR [email protected]!!!! LIVE Blu-ray Angel STATION @SENDAI
    2020/01/22 THE [email protected] SideM 5th ANNIVERSARY DISC 02 DRAMATIC STARS&神速一魂&F-LAGS
    2020/01/22 THE [email protected] CINDERELLA MASTER 夢をのぞいたら
    2020/01/29 THE [email protected] MILLION [email protected] WAVE 05 ARCANA
    2020/01/30 THE [email protected] MILLION LIVE! MAGAZINE Plus+ vol.2
    2020/02/01 アイドルマスター シンデレラガールズ 塩見周子 ブルー・ホライゾンVer.
    2020/02/19 アイマスミリオンライブ!6thLIVE TOUR [email protected]!!! LIVE Blu-ray Princess STATION @KOBE
    2020/02/12 THE [email protected] SHINY COLORS SWEETSTEP
    2020/02/22 THE [email protected] SideM 5th ANNIVERSARY DISC 03 W&Café Parade&もふもふえん
    2020/02/29 アイドルマスター ミリオンライブ! 田中 琴葉 花たちの祝福ver.
    2020/03/10 アイドルマスター シャイニーカラーズ(1)CD付き特装版
    2020/03/18 アイマスミリオンライブ!6thLIVE TOUR [email protected]!!!! LIVE Blu-ray Fairy STATION
    2020/01/22 THE [email protected] SideM 5th ANNIVERSARY DISC 04 FRAME&S.E.M&Legenders
    2020/03/27 アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover 第6巻 オリジナルCD付き限定版
    2020/07/31 アイドルマスター シンデレラガールズ 喜多見柚 シトロンデイズVer.
    2020/04/01 1/7 アイドルマスター シンデレラガールズ 速水奏 ミスティック・ドーンVer.
    2020/04/22 THE [email protected] SideM 5th ANNIVERSARY DISC 05 Altessimo&彩&High×Joker
    2020/04/30 アイドルマスター シンデレラガールズ 小日向美穂 ラブレターVer.
    2020/04/30 『アイドルマスター シンデレラガールズ』 前川みく ドリーミンブライドver.

    2020/05/13 アイマスミリオンライブ!6thLIVE TOUR [email protected]!!!! LIVE Blu-ray SPECIAL COMPLETE
    2020/05/20 THE [email protected] SideM 5th ANNIVERSARY DISC 06 Jupiter&Beit&THE 虎牙道
    2020/05/31 アイドルマスター シンデレラガールズ 森久保乃々 ギフト・フォー・アンサーver.
    2020/07/27 アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover 7 オリジナルCD付き限定版
    2020/07/31 アイドルマスター ミリオンライブ! 周防桃子 おしゃまな女の子Ver.
    2020/07/31 アイドルマスター シンデレラガールズ 鷹富士茄子 強運の才女Ver.


    <過去グッズ一覧(2011・2012)>
    <過去グッズ一覧(2013)>
    <過去グッズ一覧(2014)>
    <過去グッズ一覧(2015)>
    <過去グッズ一覧(2016)>
    <過去グッズ一覧(2017)>
    <過去グッズ一覧(2018)>
    <過去グッズ一覧(2019)>

  • 

  • バンダイナムコエンターテインメントとドリコム<3793>の合弁会社、株式会社BXD(以下、BXD)が先に新プラットフォーム「enza(以下、エンザ)」のメディア向け体験会を開催した。体験会では、『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』『アイドルマスター シャイニーカラーズ』『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』各タイトルの内容発表と併せて、各タイトルの試遊を実施した。

    体験会を終えてメディアや業界関係者からの反響はどうだったのか。そして、プラットフォームで提供するサービスの内容や狙い、プラットフォームへのサードパーティの参入について、BXDの取締役であり、ドリコムの代表取締役社長でもある内藤裕紀氏(写真)にインタビューを行った。

    ■ゲームから離れてしまったユーザーを呼び戻したい

    ――:あらためてなぜ立ち上げようと思ったのでしょうか。

    最初は社内で技術研究のプロジェクトが、私を含めた数人でスタートしました。目的としては、先日の記事でも触れていただきましたが、やはりゲーム人口の拡大です。ネイティブアプリで遊んでいて離れてしまった方が友だちを誘ってもう一度遊び始めてもらいたいと考えていました。ゲームで遊んでいただける方を増やしたいという考えです。SNSなどでURLを送って、リアルな友だちとすぐに一緒にゲームで遊べる環境を提供するための手段としてブラウザを選択しました。

    ――:ネイティブアプリの容量が大きくなり、ダウンロードがちょっとした負担となってきました。またゲームも複雑なものが増えてきて、手軽に遊べるものが減ってきたのではないかと感じています。「エンザ」ではこうした状況を打破してくれるのではないかと期待しています。

    ゲーム産業の歴史を見ると、いつも同じ道をたどっています。新しいプラットフォームが出てくると、ユーザーさんが集まってきて、しばらくすると目新しさがなくなってきて新規ユーザーさんが減ってくる。そこで1本あたりの売れる本数が減ってきて、タイトルが徐々にコアになって客単価を引き上げるようになる。ゲームも難しくなってくるので、ライトなユーザーさんが離れてしまう。そして再びライトなユーザーさんも楽しめる新しいハードが出てきて……というサイクルを繰り返しています。

    ネイティブアプリもそのフェーズに来ていると考えています。コアなゲームが増えてきて、ゲームの内容が難しくなり、1人あたりのLTV(顧客生涯価値)の高いモデルに移行してきました。アジア系のモデルが受けているのはそうした流れを受けてのものでだと考えますし、MMOやMOが増えているのもそうした背景からです。

    そこでライトなユーザーさんが入ってくるにはどうしたらいいかと考えた時、URL一つで遊べる、実際に目の前の人とすぐに遊べるようにするのが良いのではないかという仮説を立てて動いています。ユーザーさんからすると、新しいプラットフォームというより、「ドラゴンボールやアイドルマスターの新作が出たので遊ぶ」となるのでは、と思っています。
    http://gamebiz.jp/?p=207200







    バンダイナムコエンターテインメントは本日(2018年3月28日)付けで,スマートフォン向けブラウザゲームプラットフォーム・enzaで配信予定の新作タイトル「アイドルマスター シャイニーカラーズ」に登場するユニット,「アンティーカ」個々のメンバーにフォーカスしたプロモーションムービー5本を4Gamerで先行公開した。

    ※記事内に掲載したビジュアルとムービーは,すべて開発中のものです。

     PVの内容は,アンティーカの担当楽曲「バベルシティ・グレイス」に乗せて,メンバーそれぞれを紹介するというもの。いずれも30秒ほどだが,4Gamerで先行公開したユニットPVにはないセリフが収録されているほか,地元長崎での凱旋ライブを夢見る月岡恋鐘,壁ドンする白瀬咲耶など,これまでに明らかにされていなかった彼女達の想いやイラストを確認できるのでお見逃しなく。
    http://www.4gamer.net/games/381/G038176/20180323068/


    「アイドルマスター シャイニーカラーズ」より、
    初のガイドブック発売が決定いたしました!


    「アイドルマスター シャイニーカラーズ ファーストガイドブック」

    発行:株式会社KADOKAWA
    内容:100P
    価格:本体1980円+税

    6月6日(水)発売予定となります!
    「ファーストガイドブック」撮り下ろしのドラマCDと、
    ゲーム内で使用できるアイテムコード付きとなっております。

    ■内容紹介

    「アイドルマスター シャイニーカラーズ」初の公式ガイドブックです。
    表紙は描き下ろしの櫻木真乃となっております。

    特集記事はフルカラー!
    本作に登場する、16人のアイドルと、アイドルたちが所属する4つのユニットを徹底解説&
    声優陣16名初のインタビュー&グラビアをユニットごとに掲載いたします!

    さらに、『アイドルマスター』シリーズの原点に立ち返ったゲームシステムを解説。
    そのほか、メインスタッフやサウンドスタッフにもインタビューをしました!

    巻末には、作品初のコミカライズも収録!

    ゲーム内で使えるアイテムコードと、ここだけでしか聞けないドラマCDも付録で付いてくるなど、
    全プロデューサー必携の一冊です!

    今後の情報はこちらをご確認ください。
    http://idolmaster.jp/blog/?p=41122



    バンダイナムコエンターテインメントから”enza”(HTML5プラットフォーム)で配信予定の『アイドルマスター』新シリーズ『アイドルマスター シャイニーカラーズ』(以下『シャニマス』)。今回はゲームシステムの核となる”プロデュースパート”の詳細や動画を紹介。

    ユニット編成
    プロデュースパートではまず始めに、メインで担当することとなる”プロデュースアイドル”1人と、プロデュース中に登場し、育成を手助けしてくれる”サポートアイドル”5人を選択する。ここで編成したプロデュースアイドルとサポートアイドルの組あわせで、シナリオが変化するぞ。(プロデュース内容でも変化)。

    ホーム画面
    プロデュースパートのホーム画面では、残りのシーズン(シーズンは8週で最大4シーズンプレイ可能)やプロデュースアイドルの体力を確認することができる。アイドルの体力がなくなると、レッスンやお仕事などで、トラブルが発生しやすくなるので、適度にお休みを取らせてあげよう。また、画面右下にある”流行”の順位が高いステータスほどオーディションで有利になるので、流行を見極めつつプロデュース計画を立てておくのがいいだろう。
    レッスン・お仕事・オーディションの中から、好きな行動を選んでプロデュースを開始。これでアイドルのステータスや、ファン数がアップするぞ。また、プロデュース選択時に登場するサポートアイドルと一緒にレッスンやお仕事をすると、サポートアイドルとの絆が上昇し、ステータスアップの効果があるので積極的に狙っていこう。

    レッスン:アイドルの基礎パラメータを中心にアップする
    お仕事 :ファン獲得やメンタルを中心にアップする
    オーディション:ファンを大量に獲得できる

    コミュ
    『アイマス』シリーズおなじみのコミュも健在! コミュニケーションをとりながらアイドルとの絆を深めることで、アイドルの”テンション”や”思い出レベル”を高め、アイドルをオーディションで活躍させよう。

    オーディション
    オーディションではステータスやファン数を大きく上げられる。オーディションでは3種(ボーカル、ダンス、ビジュアル)のアピールから選択し、さらに審査員を選択してアピールを行う。このときのパフォーマンスはゲージをタイミングよく押すことで変化するぞ。見事上位に入ることができたらオーディション合格!

    アイドルランク
    プロデュースするアイドルのファン数に応じてアイドルランクが上がる。アイドルランクが上がると全てのアイドルがあこがれる夢の祭典”W.I.N.G.”に出場できるぞ。”W.I.N.G.”優勝を目指して、最高のアイドルをプロデュースしよう。なお、プロデュースが終わると、フェスアイドルに登録ができ、ライブ対戦パートで使うことができる。ちなみに、次回掲載の記事ではライブ対戦パートを紹介するぞ!
    https://app.famitsu.com/20180314_1254989/


    バンダイナムコエンターテインメントがスマートフォン向けブラウザゲームプラットフォーム“enza(エンザ)”にて2018年春配信予定の『アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス)』。『アイドルマスター』総合プロデューサーである坂上陽三さんと担当の高山祐介さんにお話を伺いました。

    ――高山さんはじめ、『シャニマス』の制作陣はいつごろから『アイドルマスター』をご存知だったんでしょうか?

    高山さん:アーケードをバリバリと遊んでいた世代ではありませんが、そのころから知ってはいて、ニコニコ動画などで『アイドルマスター』に興味を持っていきました。ゲームで言うと、初めて遊んだのはPSPの『アイドルマスター SP』くらいからですね。

    坂上さん:今回の開発スタッフの中には、若いのにアーケードから遊んでくれていた方もいて、びっくりしたんですよ。そんな開発スタッフたちから、ゲームのアイデアをいろいろと出してきてくれました。それも、こちらからお願いする前にどんどんとアイデアが挙がってくるんです。

    ――ということは、『シャニマス』のゲーム性は、最初からこの方向性だったんでしょうか?

    高山さん:そういうわけでもなかったんです。現在のものとはかなり違うゲーム性でした。アイドルの育成や対戦といった部分はしっかりと踏まえつつ、“HTML5プラットフォームで動かすブラウザゲーム”でありかつ“今の時代に遊ぶ『アイドルマスター』”としてよりよいものを目指して練り上げていった末に「やっぱりこの形がしっくりくるよね」と、今の形に落ち着きました。
    http://dengekionline.com/elem/000/001/688/1688530/



    バンダイナムコエンターテインメントは、BXDが提供するスマートフォン向けブラウザゲームプラットフォーム“enza(エンザ)“にて2018年春配信予定の『アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス)』。本作に登場するユニット“アルストロメリア”の情報が到着。さらに、電撃オンライン読者だけに彼女たちの楽曲入りPVや、プロフィールの一部を先行公開します。
    http://dengekionline.com/elem/000/001/681/1681720/



    バンダイナムコエンターテインメントは本日(2018年2月22日),スマートフォン向けブラウザゲーム「アイドルマスター シャイニーカラーズ」の最新情報を発表した。いずれも4Gamer先行公開となるので,じっくりとチェックしてほしい。なお,記事内に掲載したイラストやスクリーンショットはすべて開発中のもので,一部変更される可能性がある点にはご注意を。

    2月14日に掲載した記事で,ゴシックなドレスをまとった姿が印象的なユニット「アンティーカ」についてお伝えしたが,今回は,同ユニットのメンバーである5名のアイドル達に迫ったプロモーションムービーを4Gamerで先行公開する。
     PVでは,メンバーそれぞれが動く姿とセリフや,さまざまなシチュエーションを描いたイラストを確認できるほか,楽曲「バベルシティ・グレイス」を試聴可能だ。こちらは,歌手の真崎エリカさんが作詞を,南田健吾さんが作曲,編曲を担当したとのこと。激しいギターサウンドがカッコいいので,PVで確かめてほしい。
    http://www.4gamer.net/games/381/G038176/20180216047/



    『シャニマス』体験会レポート
    2018年2月20日バンダイナムコエンターテインメント本社にてHTML5による新規プラットフォーム”enza”が発表された。今回は”enza”のローンチタイトル『アイドルマスター シャイニーカラーズ』(以下『シャニマス』)の先行プレイレポートをお届け。

    最高のアイドルを育成し、フェスで勝利せよ!
    『シャニマス』では、メインで担当することとなる”プロデュースアイドル”と、プロデュース中に登場し、育成を手助けしてくれる”サポートアイドル”の2種類が存在。プロデュースアイドル1人、サポートアイドル5人を選択して、プロデュースを開始する。プロデュース期間は8週間ごとに特定のミッションをクリアーすることで延長され、最大4シーズン(32週)プレイ可能。終了した時点でフェスアイドルとして登録される。フェスアイドルを使用し、ライブ対戦(フェス)パートで5人組でユニットを編成できる。

    プロデュースは原点回帰
    『シャニマス』におけるプロデュースはアーケード版『アイドルマスター』に原点回帰したような内容になっており、レッスン・お仕事・オーディションから選択、アイドルのパラメーターをアップさせてファンを獲得し、アイドルランクを上げていくものとなっている。レッスンやお仕事のあとにはプロデュースアイドルとのコミュニケーションが発生することがあるぞ。また、サポートアイドルが登場して、レッスンやお仕事の成果にボーナスが加算されたり、イベントが発生することも。

    オーディションでファンを獲得せよ!
    オーディションでは大量のファンを獲得することができ、ファンが増えるとアイドルランクが上がっていく。オーディションでは3種(ボーカル、ダンス、ビジュアル)のアピールからひとつ選択肢、さらに審査員を選択してアピールを行う。このときのパフォーマンスはゲージをタイミングよく押すことで変化する。見事2位までに入ることができたらオーディション合格! 大量のファンを獲得することができるぞ。

    振り返りで能力アップ
    振り返りではSPを消費することで、ステータスを底上げしたり、オーディションで使えるスキルを獲得することが可能。振り返り受けられる恩恵の内容もサポートアイドルによって変化するぞ。
    https://app.famitsu.com/20180220_1243571/

    『シャニマス』ではオリジナルユニットを組んで全国のプロデューサーと対戦可能