• 近日発売のアイマスグッズ

    2019/03/08 アイドルマスター シンデレラガールズ WILD WIND GIRL第6巻 Burning Road 特装版
    2019/03/20 THE [email protected] CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 27 Vast world
    2019/03/22 アイドルマスター SideM 理由あってMini! リターンズ オリジナルアニメDVD付き特装版
    2019/03/27 アイドルマスター SideM 理由あってMini![Blu-ray]
    2019/03/27 THE [email protected] MILLION [email protected] GENERATION 15 Jelly PoP Beans
    2019/03/31 アイドルマスター シンデレラガールズ 速水奏 エンドレスナイトver. 1/8スケール
    2019/03/31 てくトコアクリルキーホルダー アイドルマスター シンデレラガールズ
    2019/04/01 アイドルマスター シンデレラガールズ 乙倉悠貴 カム・ウィズミー!Ver.
    2019/04/03 THE [email protected] SideM WORLD [email protected] 07
    2019/04/10 THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING 01
    2019/04/17 アイマスミリオンライブ!5thライブ BRAND NEW [email protected]!!!LIVE Blu-ray COMPLETE [email protected]
    2019/04/17 THE [email protected] CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS! きゅん・きゅん・まっくす
    2019/04/24 THE [email protected] CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪【SPECIAL LIVE CD付】
    2019/04/30 1/8フィギュアアイドルマスター シンデレラガールズ 塩見周子 Tulip Ver.
    2019/05/08 THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING 02
    2019/05/25 ちゅんコレ アイドルマスター SideM
    2019/05/25 アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 中野有香の鉄拳制裁 Tシャツ
    2019/05/25 アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 しんげき 美穂ちゃん Tシャツ
    2019/05/31 アイドルマスター シンデレラガールズ 神崎蘭子 運命の待ち人ver.
    2019/06/12 THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING 03
    2019/06/27 アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover 第5巻 オリジナルCD付き限定版
    2019/06/30 アイドルマスター 音無小鳥 1/8スケール
    2019/06/30 アイドルマスター シンデレラガールズ 一ノ瀬志希 Tulip Ver.
    2019/07/01 1/7フィギュア シンデレラガールズ 赤城みりあ パーティータイム・ゴールドVer.
    2019/07/10 THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING 04
    2019/08/21 THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING 05
    2019/08/31 1/8フィギュア シンデレラガールズ 高垣楓 甘美なる姫君
    2019/09/30 アイドルマスター シンデレラガールズ 城ヶ崎美嘉 Tulip Ver.
    2019/09/30 アイドルマスター ミリオンライブ! 四条貴音 優雅なひとときver.
    2019/10/31 1/7 二宮 飛鳥 《偶像》のフラグメントVer.
    2019/12/31 1/8フィギュア ミリオンライブ! シアターデイズ 白石 紬 踏み出した夢への一歩


    <過去グッズ一覧(2011・2012)>
    <過去グッズ一覧(2013)>
    <過去グッズ一覧(2014)>
    <過去グッズ一覧(2015)>
    <過去グッズ一覧(2016)>
    <過去グッズ一覧(2017)>
    <過去グッズ一覧(2018)>
    <過去グッズ一覧(2019)>

  • 

  • 2月19日に開催された「CNET Japan Live 2019」において、バンダイナムコアミューズメント プロダクトビジネスカンパニー クリエイティブフェロー 小山順一朗氏が「VR ZONE SHINJUKU 理想と現実~VRエンタメ創出に立ちふさがる壁~」と題した講演を行った。

    小山氏はアイマスシリーズを例に「アイドルマスターはアイドルプロデュース体験ができることがベネフィット(価値)」と説く。2005年にリリースしたアーケードゲーム版では、3DCGで表現されたアニメ調の女性キャラクターが歌い踊ることは当時のアーケードゲームで珍しかったことや、タッチパネルを搭載しキャラクターにタッチをして反応を楽しむ要素も盛り込んでおり「ゲームセンターでのプレイは勇気のいる行為だった。それでも遊んでくれる人は勇者に見えた」と振り返る。

     その後、家庭用の移植などで展開を続け徐々に人気を獲得し、アニメ化でファンも拡大。今はグループのなかでも大型のIPになったという。「ライブイベントで3万人も動員できるIPへと成長した。ここに至るまで、10年かかった」と小山氏が話すなか、時系列で見ていくと、既存事業部で誕生した事業が、消費者が拡大し、利益も拡大することで必要に応じて新規事業が発生したと振り返る。「能動的に新規事業を拡大したのではなく、強みを活かすために新規事業をするしかないと状況が命令する。新規事業が目的ではなく、手段であることの明かし」(小山氏)。

    小山氏は1990年代初期からゲームセンターやテーマパーク向けの体感型ゲーム開発に携わってきたほか、VR開発本部に籍を置きVRに関する研究も行っていた。ドーム型スクリーンでのVRを追求した「機動戦士ガンダム 戦場の絆」のほか、バーチャルアイドルをコンセプトにし、人気コンテンツとなっている「アイドルマスター」(アイマス)シリーズの初代作であるアーケード版をプロデューサーとして手掛けてきたという。

     2015年からは、VR技術でエンターテインメントの未体験領域を開拓する「Project i Can」を担当し「コヤ所長」としてプロジェクトをけん引。2016年には、東京のお台場でVRアクティビティが体験できる実験店舗「VR ZONE Project i Can」を経て、2017年にVRエンタメ施設「VR ZONE SHINJUKU」を2019年3月までの期間限定で開設。さらに大阪の「VR ZONE OSAKA」や、全国各地で「VR ZONE Portal」を展開している。小山氏は「命がけの激流下りなど、現実で体験できないことを安全に体験できる。またアニメの世界に入る経験もできる」と魅力を話した。

     また、バンダイナムコアミューズメントは、バンダイナムコグループのなかで主にアミューズメント機器やアミューズメント施設の企画、開発、運営を手掛ける会社であり、バンダイナムコグループは、アニメやゲームで生まれたIP(intellectual property=知的財産)を商品化権を獲得し、事業化していく会社であることを説明した。
    https://japan.cnet.com/article/35133793/


    バンダイナムコエンターテインメントが“enza(エンザ)”に加えて、PCブラウザ版やスマートフォン向けアプリでも展開を開始した『アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス)』。その制作プロデューサーを務める高山祐介さんのインタビューをお届けします。

    2018年4月のサービス開始から間もなく1周年を迎える本作。今まで電撃オンラインでは2回にわたり、制作プロデューサー・高山祐介さんにインタビューを行い、ゲームに関するユーザーからの質問や要望に関して回答していただきました。

    今回のインタビューでは、今までのインタビューの内容も交えながら、ゲームをどのように進化、アップデートがされてきたかの振り返りをメインに、筆者が気になっていることなどを高山さんに伺ってみました。

    『アイドルマスター シャイニーカラーズ』
    ▲高山祐介さん
    ――間もなくサービス開始から1年を迎えるわけですが、現在の率直な心境をお話しいただけますか?

     2018年4月にサービスを開始させていただいて、実感としては「あれっ、もう1年が経つの?」という思いもありつつ、遊んでくださったプロデューサーの皆さんに「ありがとうございます」とお伝えしたいという思いが強いですね。加えて、「いろいろあったなぁ」とも思います。ゲームの中ではさまざまなアップデートや機能の追加をしてきました。さらに、ゲーム以外ではCD展開や先日の3月9・10日に1st LIVEを実施するなど、アイドルたちの輝ける場所がどんどんと増えました。

     それもこれも、『シャニマス』を遊んでくださっているプロデューサーの皆さんのおかげだと強く感じています。本当に、いつもありがとうございます。

    ――この約1年間、『シャニマス』の制作を手掛けてきて、うれしかったこと、楽しかったこと、大変だったことを教えていただけますか?

     『シャニマス』は、イラストやシナリオの面を評価いただくことが多く、プレイしているプロデューサーの皆さんが、まだ遊んでいない方々に勧めてくださるところを多く目にします。283プロのアイドルたちのプロデューサーのように、自分の手でアイドルたちの輝ける場所を作ってくださっているところを見ると、うれしく思うと同時に感謝の気持ちも抱きます。

     実は、最初は16人のアイドルたちが受け入れられるか、好きになってもらえるか、少しだけ心配をしていました。ですが、その心配を吹き飛ばしてくれるくらい愛していただけているところを見て、安心しましたし、非常にうれしかったです。
    http://dengekionline.com/elem/000/001/884/1884960/


    バンダイナムコエンターテインメント
    「アイドルマスター」シリーズ総合プロデューサー
    坂上陽三
    代表作:「アイドルマスター」シリーズ

    4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

    <質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

    「MONSTER HUNTER: WORLD」
    出すたびに色あせていく他のシリーズタイトルと違って、ハンティングアクションゲームとしての面白さを追求して成長し続けていることが凄いと思います。ここ数年、日本ではアプリゲームが台頭し、ゲーム性の多様な変化に多くのクリエイターが悩んできた中で、軸をぶらさずにゲームの面白さを積み重ねて進化していることに本当に感動しました。

    <質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

    「Back Street Girls -ゴクドルズ -」
    アニメを観て、声を出して笑うことはあまり無いのですが爆笑しました。齢50を超えたおっさんを笑わせてくれたので凄いと思います(笑)その昔、アイドルもので別のネタを考えてと言われた時に、考えた設定が被っていて……でも推し通す勇気はなくて。
    なので素直に面白く観ました!

    <質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

    (回答なし)

    <質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

    2018年はenzaで完全新作である「アイドルマスター シャイニーカラーズ」がサービスを開始し、ご好評いただきありがとうございます。1周年に向けて、色々と盛り上げる施策を準備しています!
    2019年は、765プロ、シンデレラガールズ、ミリオンライブ!、SideM、シャ
    イニーカラーズと、「アイドルマスター」シリーズを引き続き皆さんに楽しんでいたけるようプロジェクト一同がんばってまいりますのでこれからもよろしくお願いいたします。
    https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20181219044/index_8.html#bne_saka


    スマートフォン向けブラウザゲームプラットフォーム“enza(エンザ)”でサービス中の『アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス)』。その制作プロデューサーを務める高山祐介さんのインタビューをお届けします。

    今回のインタビューは、ゲーム内で2018年10月~11月にかけて実施されたアンケートの中から、特に多かった質問や、高山さんが「これは答えておくべき」というものについて話していくというもの。電撃オンラインは、その聞き手として参加した形となっております。さまざまな質問に高山さんがどう答えてくれたのか? ご覧ください。
    http://dengekionline.com/elem/000/001/856/1856220/


    バンダイナムコエンターテインメント(以下、BNE)が展開するアイドルコンテンツ『THE [email protected]』。その作中に登場する芸能事務所「765プロダクション」(以下、「765プロ」)の女性アイドル13人が、横浜市のDMM VR THEATERにて「THE IDOLM@STER MR [email protected]!! MUSIC♪GROOVE☆」(以下、「MR [email protected]!!」)というライブに出演した。

    声優が出演するライブではなく、これまでゲームの世界にいたアイドルが現実世界のステージでリアルタイムに歌い踊り、来場者とインタラクティブなトークも行うライブ。彼女たちは、いかにして現実世界のステージに立ったのか? 今回は2018年10月7日に行われた「MR [email protected]!! 2nd SEASON」の「双海亜美・双海真美 主演回(第二部)」のレポートと、アイドルのパフォーマンスを陰で支えたバンダイナムコスタジオ(以下、BNS)の『THE [email protected]』開発メンバーへのインタビューの模様をお送りする。
    https://cgworld.jp/feature/201811-idolmaster-1.html


    『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロジェクトが2011年にスタートして、今年で7周年。自身が演じるアイドルについて熱い想いを語ってくれた6人のキャストインタビューに続いて、バンダイナムコサウンド・中川浩二氏と日本コロムビア・柏谷智浩氏に、『シンデレラガールズ』の音楽制作について話を聞いた。主なテーマは、「『シンデレラガールズ』の楽曲が摩耗しない理由」。何度ステージで披露されても、その力を失うどころか、さらに輝きを増していく『シンデレラガールズ』楽曲のマジックは、どのように生まれているのか。この週末には6thライブのメットライフドーム公演が大成功を収めたが、その中で披露された楽曲についても語られている。ライブの感動を反芻しながら、読んでみてほしい。

    “Absolute NIne”ができたときに、ひとつ違うところに移動した感じがする(中川)
    https://ddnavi.com/interview/499825/a/


    『アイドルマスターシンデレラガールズ』のプロジェクトが2011年にスタートして、今年で7周年。11月と12月にメットライフドーム&ナゴヤドームでの6thライブを控える『シンデレラガールズ』は、7年間で大きく成長を遂げ、多くのプロデューサー(=ファン)に愛されてきた。今回の特集記事では、2014年の1stライブ(舞浜アンフィシアター)に出演したキャスト6人の言葉から、『シンデレラガールズ』の軌跡をたどってみたい。彼女たちは、自身が演じるアイドルとどう向き合い、楽曲にどんな想いを託してきたのか――第1回は、高垣楓役・早見沙織のインタビューをお届けする。
    https://ddnavi.com/interview/498690/a/


    2018年11月24日(土)、カルッツかわさきで開催される声優事務所「響」主宰のイベント『響ファン感謝祭』。出演者は橘田いずみさん、三森すずこさん、佐々木未来さん、愛美さん、伊藤彩沙さん、西本りみさん、尾崎由香さん、相羽あいなさん、紡木吏佐さん、遠野ひかるさん、進藤あまねさん。個性豊かなメンバーが集まるイベントで一体どんなことが起こるのか。

    今回は愛美さんに、自身のこれまでの歩みやイベントへの意気込み的な事を伺ってきました。

    自分に近い存在のジュリア、自分たちの音だけでライブを完成させる『バンドリ!』
    ――こういうお仕事ですからね、目に見える華やかなところばかりではないですよね。そして、愛美さんの名前を大きく広めた作品だと、『アイドルマスター ミリオンライブ!』(以下、『ミリオン』)と『BanG Dream!』(以下:『バンドリ!』)なのかなと思いますけど。
    愛美:『ミリオン』のジュリアという役は自分に近いというか。ライブパフォーマンスにおいては、自分の考える表現と、ジュリアがマッチするんです。だからとてもやりやすい部分はありました。

    『ミリオン』をやることで、クールな一面とかロックな一面を強く見せることができたので、自分自身の可能性もまた広げていただきました。あと『ミリオン』はメンバーみんな友だちみたいで仲がいいんですよ。だからすごく楽しいし、いろんな刺激をくれるんですよね。『ミリオン』だから見られた景色というものも、たくさんあるので感謝しています。
    https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1541492394



    『アイドルマスター』我那覇 響役をはじめ、数々のアニメ作品に出演している声優・沼倉愛美が10月31日にリリースした4thシングル「Desires」。この曲がEDテーマとなっているTVアニメ『CONCEPTION』に寄せて、セクシーな要素が入れ込まれたという表題曲のミュージックビデオには、沼倉がダンサーとともに華麗に歌い踊るダンスシーンが収録されている。撮影当日のエピソードとあわせて、「ダンスしか勝負できるところがなかった」というデビュー当時の決意も振り返ってもらった。
    https://entertainmentstation.jp/310952