• 近日発売のアイマスグッズ

    2020/03/10 アイドルマスター シャイニーカラーズ(1)CD付き特装版
    2020/03/18 アイマスミリオンライブ!6thLIVE TOUR [email protected]!!!! LIVE Blu-ray Fairy STATION
    2020/03/18 THE [email protected] SideM 5th ANNIVERSARY DISC 04 FRAME&S.E.M&Legenders
    2020/03/18 THE [email protected] CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 37 Needle Light
    2020/03/25 THE [email protected] MILLION [email protected] WAVE 07 Jus-2-Mint
    2020/03/25 THE [email protected] CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER for the NEXT! 06 幸せの法則~ルール~
    2020/03/27 アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover 第6巻 オリジナルCD付き限定版
    2020/03/27 アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場 わいど☆
    2020/04/01 1/7 アイドルマスター シンデレラガールズ 速水奏 ミスティック・ドーンVer.
    2020/04/01 THE [email protected] SideM WORLD [email protected] 13
    2020/04/08 THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING 01
    2020/04/08 THE [email protected] CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 38 Fascinate
    2020/04/15 THE [email protected] CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Comical [email protected] MESSE
    2020/04/22 THE [email protected] CINDERELLA MASTER 055-057 早坂美玲・藤原肇・夢見りあむ
    2020/04/30 アイドルマスター シンデレラガールズ 帆布ショルダーバッグ
    2020/04/30 アイドルマスター シャイニーカラーズ きかざりポッポ つながるアクリルミニチャーム 第1弾
    2020/04/30 アイドルマスター シャイニーカラーズ きかざりポッポ つながるアクリルミニチャーム 第2弾
    2020/04/22 THE [email protected] SideM 5th ANNIVERSARY DISC 05 Altessimo&彩&High×Joker
    2020/04/22 THE [email protected] CINDERELLA MASTER 055-57 早坂美玲・藤原肇・夢見りあむ
    2020/04/29 ラジオ『アイドルマスター ミリオンラジオ!』テーマソング「ENDLESS TOUR」
    2020/04/30 アイドルマスター シンデレラガールズ 小日向美穂 ラブレターVer.
    2020/04/30 『アイドルマスター シンデレラガールズ』 前川みく ドリーミンブライドver.

    2020/05/13 アイマスミリオンライブ!6thLIVE TOUR [email protected]!!!! LIVE Blu-ray SPECIAL COMPLETE
    2020/05/13 THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING 02
    2020/05/20 THE [email protected] SideM 5th ANNIVERSARY DISC 06 Jupiter&Beit&THE 虎牙道
    2020/05/31 アイドルマスター シンデレラガールズ 森久保乃々 ギフト・フォー・アンサーver.
    2020/05/31 アイドルマスターシンデレラガールズ 遊佐こずえ[スウィートフェアリー]
    2020/06/03 THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING 03
    2020/07/01 THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING 04
    2020/07/22 THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING 05
    2020/07/27 アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover 7 オリジナルCD付き限定版
    2020/07/31 アイドルマスター シンデレラガールズ 喜多見柚 シトロンデイズVer.
    2020/07/31 アイドルマスター ミリオンライブ! 周防桃子 おしゃまな女の子Ver.
    2020/07/31 アイドルマスター シンデレラガールズ 鷹富士茄子 強運の才女Ver.
    2020/07/31 『アイドルマスター シンデレラガールズ』夢見りあむ 〔アルミナ〕
    2020/08/19 THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING 06
    2020/08/21 アイドルマスター SideM ストラグルハート 2 オリジナルCD付き特装版
    2020/08/26 アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 Blu-ray BOX
    2020/08/31 TAGO STUDIO T3-01 [email protected]
    2020/09/16 THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING 07
    2020/11/30 アイドルマスター シンデレラガールズ 新田美波 生存本能ヴァルキュリアver.
    2021/02/28 アイドルマスター ミリオンライブ! 桜守歌織 音楽で紡ぎ出す世界Ver.
    2021/02/28 アイドルマスター ミリオンライブ! 桜守歌織 音楽で紡ぎ出す世界 アナザー2Ver.


    <過去グッズ一覧(2011・2012)>
    <過去グッズ一覧(2013)>
    <過去グッズ一覧(2014)>
    <過去グッズ一覧(2015)>
    <過去グッズ一覧(2016)>
    <過去グッズ一覧(2017)>
    <過去グッズ一覧(2018)>
    <過去グッズ一覧(2019)>
    <過去グッズ一覧(2020)>

  • 

  • キャラクターなどの知的財産を活用したIP軸戦略を推し進めるバンダイナムコエンターテインメント(BNE)。グループのアニメ制作会社サンライズで『機動戦士ガンダム』関連プロジェクトをけん引し、2019年4月に同社の社長に就任した宮河恭夫氏は「2020年、エンターテインメントの世界にはゲーム、映像などの枠を超えた大きな変化が訪れる」と語る。

    ジャンル縛りでは出口は広がらない
    ――組織を『ガンダム』『アイドルマスター』といったIPで分けるというのは、かなり大きな改編ですね。どんなメリットがあるんでしょうか?

    宮河氏 確かに、現場には少なからず混乱もあるでしょうね(笑)。でも結局、おのおのがプラットフォーム縛り、ジャンル縛りでゲームだけ、映像だけやっていては、出口が広がらない。

     IPで組織をつくることによって、例えば『アイドルマスター』だけに、あるいは『ドラゴンボール』だけに注力できるようになる。1つのIPに注力して、ゲームもやれば映像もやるしライブもやるということは、とても重要だと思います。

     かつて僕自身が『ガンダム』のさまざまなプロジェクトに携わって、それこそゲーム、映像、ガンプラ、そしてガンダム立像までやった。その経験からすると、そこで初めて知ることもあって、ビジネスの幅も広がるわけです。とても大事だと思いますね。


    画像上がスマートフォン向けゲームアプリケーションの『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』、中が家庭用ゲームの新作『アイドルマスター スターリット シーズン』、そして下が19年にナゴヤドームで開催された『アイドルマスターシンデレラガールズ』のライブ。今後は1つのIPを同じチームが手掛けることになるという
    https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00294/00001/


    1990年代にTRFで一世を風靡し、今は音楽からタレント活動までマルチに活躍するDJ KOO(58)。現在DJ活動40周年を迎え、3月4日には“オドレルJ-POP”を自身がプロデュースしたアルバム『オドレーJAPAN! 〜歴代オドレルJ-POP 日本代表〜』を発売した。日本のダンスミュージックシーンを黎明期から知り尽くす彼がピックアップした古今の名曲38トラック。それらは、ダンス音楽がJ-POPの血肉となる進化のプロセス(歴史)を物語っている。40年間、DJブースからフロアを見続けてきた彼に、J-POPとダンスミュージックの関係性や、DJという存在のあるべき姿について語ってもらった。

    ■アイマスも盆踊りも…音楽愛を分かち合うには「現場のDJをやっていないとダメ」

    ――「UKOON」もそうですが、活動の幅がどんどん広がっている印象があります。昨年11月は『アイドルマスターシンデレラガールズ』のナゴヤドーム公演に出演し話題になりましたが、今やアイマス楽曲のプレイでファンからも支持されています。新たなフィールドに飛び込んでいくのがKOOさんのすごさだなと。

    【DJ KOO】ありがとうございます。アイマスのナゴヤドーム公演はシークレット出演だったんですが、あえて様子を伺うことはせず、まずは自分が持っているものをすべて届けるつもりでプレイしました。会場に集まったみなさんが好きな音楽もその後かなり研究しましたね。辿り着くのはお互い“音楽が好き”ということに尽きるし、その気持ちを分け合うぜ!っていう気持ちです。好きなコンテンツに対して真剣な方ばかりなので、その点ではこっちだって負けない、だから本気で応えるということですね。
    https://news.goo.ne.jp/article/oricon/entertainment/oricon-2157217.html


    本作を手掛けたのはTVアニメ『宝石の国』や『BEASTARS』の制作をはじめ、様々な劇場作品やOVA作品にも参加しているアニメ制作会社“オレンジ”だ。今回は同社のスタッフで『Spin-off!』の制作プロデューサーとして参加している安藤次郎さんにインタビューを敢行。制作の経緯や、裏話、発表後の反響などを伺った。

    「どう捉えるかというのは観ている人次第かなと思ってるんです」
    ――安藤さんが今回の作品に関わる事になった経緯を教えてください。

    安藤次郎さん(以下、安藤):弊社にバンダイナムコエンターテインメント(以下、BNE)さんから、音楽ベースの劇中劇みたいなものを作っていただきたいというお話があったんです。企画として3つほどテーマが上がりまして、僕が関わる事になったのはその中からこの企画で行こうと決まったところからですね。

    ――企画に携わる事になった時にはどう思いましたか?

    安藤:『アイドルマスター シンデレラガールズ』というコンテンツはもちろん知っていたのですが、僕自身は “765プロオールスターズ”の13人で止まっていまして。まずは基礎的な知識を入れなければと、TVアニメの『アイドルマスター シンデレラガールズ』を観るところから始めました。

    ――ゲームの方も?

    安藤:そうですね。まず自分が作品に興味を持つには“シンデレラガールズ”でも担当アイドルを見つけるところからということで、僕は仙台出身なので“早坂美玲”推しになりました。

    ――改めて作品の事を伺いたいと思いますが、まずあの世界観はどういったものなのか?制作側が考えている設定みたいなものが聞ければと思います。

    安藤:なんとなく皆さんわかっていると思うんですが、現実とは違う別の世界です。“マスター”っていう別の存在がいて、あの5人はその人が管理する世界に存在しているわけです。そして、“チトセ”以外の4人は自分の意志でマスターの管理を抜け出していて、チトセを管理されている状況から解放したいと思っている。

    ――面白いですね。いわゆるメタ構造になっているんですね。
    https://app.famitsu.com/20200310_1597032/


    【Amazon.co.jp限定】THE [email protected] CINDERELLA GIRLS 8周年特別企画 Spin-off!【先行配信&トーク映像付き】購入版



    『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロジェクトが始動したのは、2011年。今年でまる8年を迎える『シンデレラガールズ』は現在、東名阪の3都市で「Comical Pops!」「Funky Dancing!」「Growing Rock!」と異なるテーマを掲げたツアーを行っているが、これまで以上に『シンデレラガールズ』の楽曲が持つ普遍性と強度を実感させてくれるライブになっている。聴く者の心を動かす、ポップで、音楽的な探求心がちりばめられた楽曲たちは、どのように生み出されているのか。『シンデレラガールズ』の最初期から関わり続けているふたりのクリエイター、TAKU INOUE×田中秀和に話を聞かせてもらった。
    https://ddnavi.com/interview/575288/a/


    『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロジェクトが始動したのは、2011年。今年でまる8年を迎える『シンデレラガールズ』は現在、東名阪の3都市で、それぞれ「Comical Pops!」「Funky Dancing!」「Growing Rock!」と異なるテーマを掲げたライブツアーを行っている。9月に開催された幕張公演では、ステージ上でパフォーマンスを繰り広げるアイドル(=キャスト)と、彼女たちを見守り、支え、盛り上げるプロデューサー(=ファン)が気持ちを通い合わせる光景を目撃し、改めて『シンデレラガールズ』のライブや楽曲が生み出す引力を実感した。今回も、7周年を機に実現した昨年の特集に続いて、自身が演じるアイドルとの信頼関係や、ライブへの想いを、3都市のライブのいずれかに出演するキャストに、熱く語ってもらった。第6回は、名古屋公演に出演する、依田芳乃役・高田憂希のインタビューをお届けする。
    https://ddnavi.com/interview/575269/a/


    『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロジェクトが始動したのは、2011年。今年でまる8年を迎える『シンデレラガールズ』は現在、東名阪の3都市で、それぞれ「Comical Pops!」「Funky Dancing!」「Growing Rock!」と異なるテーマを掲げたライブツアーを行っている。9月に開催された幕張公演では、ステージ上でパフォーマンスを繰り広げるアイドル(=キャスト)と、彼女たちを見守り、支え、盛り上げるプロデューサー(=ファン)が気持ちを通い合わせる光景を目撃し、改めて『シンデレラガールズ』のライブや楽曲が生み出す引力を実感した。今回も、7周年を機に実現した昨年の特集に続いて、自身が演じるアイドルとの信頼関係や、ライブへの想いを、3都市のライブのいずれかに出演するキャストに、熱く語ってもらった。第4回は、幕張・名古屋・大阪の3公演に出演する、渋谷凛役・福原綾香のインタビューをお届けする。
    https://ddnavi.com/interview/575106/a/


    『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロジェクトが始動したのは、2011年。今年でまる8年を迎える『シンデレラガールズ』は現在、東名阪の3都市で、それぞれ「Comical Pops!」「Funky Dancing!」「Growing Rock!」と異なるテーマを掲げたライブツアーを行っている。9月に開催された幕張公演では、ステージ上でパフォーマンスを繰り広げるアイドル(=キャスト)と、彼女たちを見守り、支え、盛り上げるプロデューサー(=ファン)が気持ちを通い合わせる光景を目撃し、改めて『シンデレラガールズ』のライブや楽曲が生み出す引力を実感した。今回も、7周年を機に実現した昨年の特集に続いて、自身が演じるアイドルとの信頼関係や、ライブへの想いを、3都市のライブのいずれかに出演するキャストに、熱く語ってもらった。第3回は、幕張・名古屋の2公演に出演する、大槻唯役・山下七海のインタビューをお届けする。
    https://ddnavi.com/interview/574719/a/


    『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロジェクトが始動したのは、2011年。今年でまる8年を迎える『シンデレラガールズ』は現在、東名阪の3都市で、それぞれ「Comical Pops!」「Funky Dancing!」「Growing Rock!」と異なるテーマを掲げたライブツアーを行っている。9月に開催された幕張公演では、ステージ上でパフォーマンスを繰り広げるアイドル(=キャスト)と、彼女たちを見守り、支え、盛り上げるプロデューサー(=ファン)が気持ちを通い合わせる光景を目撃し、改めて『シンデレラガールズ』のライブや楽曲が生み出す引力を実感した。今回も、7周年を機に実現した昨年の特集に続いて、自身が演じるアイドルとの信頼関係や、ライブへの想いを、3都市のライブのいずれかに出演するキャストに、熱く語ってもらった。第2回は、幕張公演に出演した、久川凪役・立花日菜&久川颯役・長江里加の対談をお届けする。
    https://ddnavi.com/interview/574398/a/


    『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロジェクトが始動したのは、2011年。今年でまる8年を迎える『シンデレラガールズ』は現在、東名阪の3都市で、それぞれ「Comical Pops!」「Funky Dancing!」「Growing Rock!」と異なるテーマを掲げたライブツアーを行っている。9月に開催された幕張公演では、ステージ上でパフォーマンスを繰り広げるアイドル(=キャスト)と、彼女たちを見守り、支え、盛り上げるプロデューサー(=ファン)が気持ちを通い合わせる光景を目撃し、改めて『シンデレラガールズ』のライブや楽曲が生み出す引力を実感した。今回も、7周年を機に実現した昨年の特集に続いて、自身が演じるアイドルとの信頼関係や、ライブへの想いを、3都市のライブのいずれかに出演するキャストに、熱く語ってもらった。第1回は、2020年2月の大阪公演に出演する、神崎蘭子役・内田真礼のインタビューをお届けする。
    https://ddnavi.com/interview/574079/a/